現在の日本で最も深刻な問題と化しているのが、社会の高齢化です。
平均年齢が上がり、少子化が進んだ結果、大幅に高齢者の割合が多くなってきました。
昔に比べて、以前は高齢者と言われていた年代の人々にも若々しさを感じられるほどですが、それでも体、そして脳は、いつまでも若いままではいられません。
特に、近年高齢者に関して話題となっているのが、「認知症」です。

認知症とは、昔は痴呆症などとも呼ばれる症状でした。物忘れ、いわゆる「ボケ」の症状です。その他、高齢とともに体の動きが鈍くなるなどの症状もあります。
年をとったらボケる…それは当たり前のこと、という認識でいるかもしれません。
しかし、脳の病気を原因としてそれらの痴呆症状が現れている状態である認知症の場合、単なる物忘れや物覚えの悪さとは別の、記憶自体への障害が現れます。

こうした認知症に陥ったときに問題となるのが、記憶能力そのものが低下するため「忘れた」という事自体への本人の自覚が少ないことや、そうした精神能力の低下により日常生活を送る上で支障をきたすという点です。
一般的に言われるボケ予防の対策だけではどうにも出来ないので、認知症にならないために予防をおこなったり、もしもなってしまった時には、できるだけ早期発見し対策していく必要があります。

認知症は、未だにその原因の多くが解明途中です。そのため、今はどんなものが予防や治療に効果があるか、様々な観点から対策が考えられているところです。
そのうちの一つが、サプリメントです。
認知症予防・治療に効果があるとされるサプリメントに使われている成分にはいくつか種類があります。
基本的に、起こる原因はわかってはいない部分があるものの、認知症を引き起こす病気は脳内の神経系や血流に深く関わりがあります。
そのため、血流を良くする効果のある成分を摂るサプリメントや、精神安定の面からアプローチするサプリメントなどが認知症治療の効果を期待されて使用されています。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031